モノレート亡き後はプライスターで有料Keepaか無料プライスターリサーチか

十兵衛です!

 

2020年6月30日を以ってせどりの必須ツール「モノレート」が廃止されてしまいました。

Amazonで「いくらで」「どのくらいの頻度で」商品が売れていくかを判別できる神ツール。

これまでかなりのお金を稼がせていただいて、感謝しかありません。

 


とはいえ、せどりを続けていくにはモノレートに依存しない方法を探して行かなければなりません。

十兵衛もモノレート廃止報道からいろいろ探してみました。

 

結果、最強と思えるのが新機能の追加されたプライスターではないでしょうか。

 

 

プライスターは価格改定ツールだけでなくリサーチツールでもある

一般的にプライスターは価格改定ツールとして認識されています。

でも、プライスターをスマホアプリに追加すれば、リサーチツールとしても使うことができます。

スマホのカメラでJANコードを読み込むだけ。

これで、商品名やその時点での最低価格などがわかります。

でも、この情報だけでは実際に仕入れてよいのかを判断することはできません。

 

しかし、モノレート亡き後はプライススターでは2種類の方法で売れるかどうかを判別できるようになったんです。

 

無料のプライスターリサーチ

プライスターには新機能として無料で使える「プライスターリサーチ」が追加されました。
検索した商品がどのくらいのスピードで売れていくかを10段階の指標で視覚的に判断できます。
販売SPEEDとは?

商品が売れるまでの速さを表したプライスター独自の指標です。

販売SPEEDは10段階の目安をご用意しております。

10-9 :すごく速い
8-6 :速い
5-3 :普通
2-1 :ゆっくり
0    :見送り

あくまで目安となりますが、仕入れに是非ご活用ください。

 

では実際に十兵衛の商品で売れたものを見てみるとどのように表示されるのか。

イワタニ 炉ばた焼器炙りや

ランキングが示す通り最安値にしておけば真っ先に売れていく定番人気商品です。

プライスターリサーチでも満点の販売スピード10

販売スピードが10ならば仕入れ価格と最低価格さえ確認できれば全く問題ないと言えそうです。

 

アイリスオーヤマ 無加水鍋28cm

こちらの鍋は廃盤商品なので、出品者は十兵衛のみという商品でした。

モノレートで過去1年以上さかのぼれば必ず売れると確信していた商品です。

 

出品者そのものがいなかったので、アマゾンランキングは10万位を超える商品ですがプライスターリサーチの販売スピードは6というスコアでした。

 

ここ一ヶ月に売れた商品を見てみるとおしなべて販売スピードは5~6以上というものばかり

逆に言えば販売スピードが5以上あれば、売れる事はほぼ間違いないと判断しても良さそうです。

 

有料のKeepa

モノレート亡き後、一番しっくりきそうなのがKeepa。

月額15ユーロ(およそ1800~2000円)必要になりますが、一番信頼できるランキング波形を得られます。

まあ、お金払うんなら当然か。

 

プライスターのスマホアプリで商品JANコードを読み込めば

  • 現時点での最低価格
  • 最低価格で販売した時に手元に入る金額
  • ランキング波形

せどりに必要なこの3点を瞬時に確認することができます。

 

プライスターのスマホアプリ以外でもKeepaを紐付けすることはできるのですが、そのためにはURLを貼り付けたりなど結構な作業が必要です。

 

一方、プライスターアプリなら手間もかけずに仕入れリサーチができそうです。

店舗せどりでこれまでのようにスムーズな仕入れ判断をするには

プライスターアプリにKeepaを搭載する

というのが一番ベストなんじゃないかなあ、と思います。

 

 

モノレート終了後のリサーチツールはデルタトレーサーかな?と思ったけど

でも、ツールにあんまりお金はかけたくないのが人間の心理。

モノレートのように無料で使える物はないのかな?

 

実は最初、デルタトレーサーが一番良いのかな?と考えていました。

モノレートと同じく無料で利用できて、またランキングの波形がモノレートと似たように表示されるからです。

せどりすとプレミアムにデルタトレーサーのURLを入れたカスタムボタンを追加すれば、これまでモノレートを使えたようにすることができます。

ただ、デルタトレーサーには3つの不安があったのです。

 

デルタトレーサーを使うことの不安点

不安① ランキング波形がちょっと甘い

不安② 利用者数増加で読み込みが遅い

不安③ モノレート廃止理由に抵触しているかもしれない

 

デルタトレーサーの不安① ランキング波形がちょっと甘い

モノレート廃止決定後、並行してデルタトレーサーでのリサーチも行ってきました。

確かに、デルタトレーサーで見られるランキング波形はモノレートで見てきたものと似ていて親近感がありました。

仕入れ判断を慣れているものでできるのは大きいことです。

ただ、どうも波形がザックリしているというか・・・・。

 

正直、デルタトレーサーでのランキング波形をモノレートと比べると、信じてよいのか?という点が多かったのでした。

 

デルタトレーサーの不安② 利用者数増加で読み込みが遅い

モノレートのサーバーは九州にあったそうで、台風時になるとサーバーが故障することもたまにありました。

そういう時はモノレートを表示することができないため、仕入れができない!

 

この時のバックアップ措置として、デルタトレーサーを使うことがあったのですが必ずと言っていいほど動作が遅かったのです。

モノレートほどのサーバーは用意されていないようで、一度に多くの利用者がアクセスすると読み込みにものすごく時間がかかりました。

今回のモノレート閉鎖に伴い、無料で使えるデルタトレーサーに多くの利用者が流れ込むのは必至です。

モノレート利用可能時から重かったツールだとリサーチするのは不安なのです。

 

デルタトレーサーの不安③ モノレート廃止理由に抵触しているかもしれない

モノレートが6月30日に廃止になった理由は、アマゾンのルールに抵触していたからというものです。

そのルールは明確に説明されていませんが、広告付きという商用利用が原因という噂もあります。

 

この点がもし廃止理由だとするとデルタトレーサーも同じく廃止になってしまう可能性もあります。

しかも、デルタトレーサーは2020年内にサービス提供終了予定だった、という話もありました。

正直、このままデルタトレーサーに絶大の信頼を持つのは危険なんじゃないかなあ、と思うのです。

 

まとめ

モノレート終了後、せどりを続けていくにはKeepaを利用するしかないというのが結論です。

 

確かに月1800〜2000円のKeepa利用料を払うのも抵抗があります。

さらに店舗でもスムーズに仕入れ判断をするにはプライスターアプリを併用するとさらに4000円ちょっと必要になります。

 

でもまあ、せどりは月に数千円稼ぐものではなく、月に数万円、10数万円、数十万円稼げるものです。

月額使用料を数千円支払っても十分お釣りがくるのがせどりです。

 

考えてみれば、携帯電話がなかった頃は毎月使用料を支払うことなんてバカバカしいお話でしたが、現代は当たり前になっています。

高校生でも自分で毎月携帯料金を支払っています。

 

むしろ、モノレートから脱却できずにいるライバルたちより先にKeepaでのせどりをマスターすることで、今より稼ぎが増えるはずですよね。

 

プライスターはツール利用の説明がメチャクチャ丁寧なのでKeepa導入方法も簡単にわかりますよ。

モノレート廃止後に優位に立てるプライスターはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください