キュリアスコープ「ZENTO」は本当にせどりの究極型!?

十兵衛です!

 

 

今回は

「せどり業界を揺るがす至高のせどりシステム」

と謳っているZENTOをレビューしたいと思います。

 

特定商取引法に基づく表示

 

販売者名:株式会社キュリアスコープ

運営統括責任者:岩崎秀秋

住所:北海道札幌市中央区南四条西5丁目8-8 AI-BILDⅡ(アイビルⅡ)6F

電話番号: 011-215-1530

メールアドレス:zara@curiascoop.com

 

ZENTOは史上最強のせどりシステム?

 

ZENTO(ゼントー)という名前なんですが、「全頭検査」からきているようですね。

 

全頭検査とは食肉の安全を確保するため、食用となる牛や豚などの家畜すべてを検査すること。(デジタル大辞泉より)

病気に感染していないか調べるにはこの方法しかありません。

 

 

せどりでも利益が出る商品がないか?と店舗にある商品を1つずつ調べてみることを「全頭する」と言います。

仕入れられる商品が ない、と嘆いている人も全頭をすれば必ず見つけられます。

 

ところがほとんどの人はこれをできません。

だってこの写真にある商品全部を検査するってどんだけ時間が・・・・。

 

 

まあ、小さな個人商店ならともかく、ホームセンターや家電量販店にある商品を一つずつ検索していくなんていうのは「ほぼムリ」です。

時間と体力の使用量と利益が釣り合いません。

 

しかし、現代はネット社会です。

物を買うには店舗に行くだけではなく、ネットで買い物もできます。

 

ネットならばあらゆるデータが存在しています。

Amazonではいくらで売れているか、ECショップではいくらで販売されているかを引き出すことは可能です。

全頭検査をパソコンがやってくれるなら非常に楽になります。

 

それを全てやってくれるというのが「ZENTO」というツールです。

 

 

ZENTOの良いところ

ZENTOを利用する上でのメリットはこんな感じでした。

 

24時間365日ツールが自動でリサーチ

 

Amazonでの販売価格は常に変動します。

安い商品から売れていくので、売れれば売れるほど価格上昇することもあります。

逆に出品者が増えて価格が下がることもあります。

なので、その時々で利益が出るものと出ないものが生まれてしまいます。

ZENTOはこれを常時監視してくれるのは非常にありがたいシステムです。

 

 

仕入れ対象ショップが多い

Amazonは元々、ネットで本を売るものでした。

しかし、現在は本だけではなくありとあらゆる物を扱っています。

なので、仕入れ対象も食品から大型家電まであらゆるものがあります。

 

ZENTOは家電量販店からドラッグストアまで様々なネットショップをカバーしています。

 

 

仕入れられるお店が増えれば増えるほど設けられる可能性も大きくなります。

 

 

ブラウザ上で動く

もし、価格など様々な情報を一度パソコンにインストールしてから価格差を計算したりという形式だとすると、パソコンには相当な負荷を与えてしまいます。

これでは動作がものすごく遅くなってしまいます。

 

ただ、ZENTOはサーバー型のツールなので、ChromeやExplorerなどで普通にネットを閲覧する感覚で使うことができます。

余計な読み込み時間は不要です。

 

ZENTOのデメリット

ではZENTOにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

ライバルが多い

ツールを使っていない電脳せどらーはもちろん、同じくZENTOを使うユーザーとの仕入れ合戦が起きてしまいます。
利益が出る商品が生まれたら、そこには1秒を争うポチり合戦も生まれるでしょう。

複数個販売での価格で表示されない

「Amazonでは10000円で売れていて、ヤマダウェブでは3000円で売っている」なんていう場合、利益の出る商品を見つけたということになります。
が、よく見るとAmazonでは3個セットだったりすることがあります。
これでは仕入れに9000円必要ということになり、利益は全くでません。
これは商品個別ごとに割り当てられているASINという識別番号が原因です。
ASINは同じ商品なら1個販売でも5個販売でも同じように割り当てられているからです。
ZENTOは残念ながら、1個あたりの価格で判断することはできないようです。

まとめ

以前、「せどりツール広場」というツールを使用してレビューしてみました。
これもZENTOと同じく岩崎秀秋さんの作ったツールです。
これはせどりで使える様々なツールを月額利用できるものなのですが、ZENTOと同じく全頭検査をする「YAMADA ZENTO」や「家電ハンター」というツールがありました。
上の写真にある家電ハンターはケーズデンキのWEBショップとAmazonとの価格差を検索できるツールです。
実際に使ってみたところ、
  • Amazonでは複数売りで、一個あたりでは利益が出ない
  • Amazonとの価格差があるものは、モノレート上では全く売れた形跡がない
  • 利益が出るものは、お一人様1つという制限がある

といった感じでした。

しかも、サーバー維持にもかなり費用がかかるため、このツールの販売価格が498,000円と高額なのもネック。
この購入金額をペイするには結構な時間がかかるように思えます。
しかも、1年間のライセンス販売でこのお値段。
限りなく難しく思えますよね。
十兵衛は1年間で元を取る自信はありません・・・・。
副業を始めるには最適

 

もしあなたに月にあと5万円、自由に使えるお金が増えたなら

何に使いますか?

外食を増やす、貯金のペースを上げる、趣味の道具をワンランクアップする

などいろんなことが想像できますよね。

こんなことを考えたことのある人は1人や2人ではないと思います。

だからみんないろんな儲け話を考えます。

本業とは別にバイトをする。

株やFXなどを勉強する。

運を信じて宝くじやギャンブルに希を託す。

などがあります。

しかし、これらには「不確実性」や「時間や体力と引き換える」

ということになります。

ただ、「せどり」というものはそれらを避けつつ儲けることができるんです。

やることはただ一つ。

「安く買って高く売る」ということだけです。

みんながいつもやる「買い物」がお金を生んでくれます。

1000円で買った商品が、1000円のお友達を連れて帰ってきてくれるんです。

そんな「せどり」に興味を持った方、本当なの?と思った方

どんなものかちょっと知りたくありませんか?

こちらからご覧いただけますよ。

無料相談メール受付中

もし、あなたがせどりなどネットビジネス関連のお悩みがあったり、

 ネットビジネスで人生を変えたい、と思っているのなら

 こちらから十兵衛に相談してみてくださいね!

 

↓無料メール相談受付中!!

 

一人で悩んでいるより、誰かに聞いてもらえたら何かしら現状打破の

 可能性があるかも。

 

きっとあなたのお力になれると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください