せどり初心者に必須なツールはコレ!無料・有料で使えるのは一体どれ!?

十兵衛です!

せどりは「安く買って高く売る」というシンプルなものですが、これはどのビジネスにも共通することです。

しかし、せどりが安全にかつ確実に稼げるのは、世の中にめちゃくちゃ便利なツールが存在するからです。

 

しかも、月に5万円程度稼ぐなら無料で使えるツールで十分、というものが多いので、これから副業を始めたい方には非常に魅力的な条件なのがせどりです。

 

もっとも、スマホやパソコンなどハード面で必要なモノはありますが、現在これらはプライベートで所有している人がほとんどという時代。

実質、タダで副業を始めることができるんです。

 

では一体どんなツールを使えば稼ぐことができるのでしょうか?

 

せどりに必須のツールとは?

せどりが「再現性があり、リスクが少ないビジネス」と言われる理由は「いつ、いくらで売れるか」を仕入れる前に知ることができるからです。

売れるかどうかやってみなきゃ分からないという不確定なリスクをなくすことができるのが非常に魅力。

せどりを始める場合には必ず使えるようになりましょう。

 

モノレート

ボクシングの世界には「左を制する者は世界を制す」という言葉がありますが、せどりの世界にも「モノレートを制する者はせどりを制す」という格言があるくらいなのがモノレートです。

 

Amazonで「どのくらいの頻度でいくらで売れているか」を知ることができます。

商売を行う上で完全にチートな情報を仕入れる前に知ることができるのに、無料で使えるというまさに神がかったツールです。

せどりで稼いでいくためには必ずマスターしましょう。

【これさえマスターすれば稼げる!】世界一易しいモノレートの使い方と応用法

 

デルタトレーサー

2019年夏に台風の影響でモノレートが利用できないという事態が起こりました。

モノレートのサーバーが九州にあり、その地域が一斉に停電したことが原因だったようです。

 

この時、多くの人が仕入れに行ったのにも関わらず、仕入れができなくなるという事態が起こったんです。

十兵衛もその一人だったのですが、このような不測の事態にも備えられるようにモノレートの代替ツールは用意したほうが良さそうです。

 

それがデルタトレーサーです。

モノレートと同じく無料で利用できるツールです。モノレートに比べると日別の価格やランキングを見られないという面がありますが、予備の仕入れ判断ツールとして使えるようにしておきたいツールです。

デルタトレーサー

 

商品リサーチに使えるおすすめ無料ツール

モノレートで調べたい商品を検索すれば仕入れできる商品かを判断することができますが、いちいち商品名やJANコードを打ち込んで判断していくのはツライ作業です。

しかし、スマホに入れておけばその作業を簡単にかつ速くできるツールがあるんです。

もちろん無料で。

 

せどりすと(iPhone)orせどろいど(Android)

調べたい商品についているJANコード(バーコード)をカメラ機能で読み込むだけで、その時点でのAmazon最安値を調べることができるツールです。

しかも、せどりすとから直接モノレートを見ることができるため、商品リサーチの時間も大幅に短縮することができるツールです。

もちろん、利用するのにお金は掛かりません。

iPhone版Android版では名称が違うんですね。

 

ただ、ある程度売上が立ってきた場合にはせどりすとプレミアムを使うことをオススメします。

月額使用料が必要ですが、無料版とは明らかに違うスピードでリサーチできるので、逆に利益が増えます。

戦える「せどりすとプレミアム」のオススメ設定!粗利・アラーム条件の具体的な数字とは?

 

Amacode(アマコード)

こちらも無料でダウンロードできるツールです。

せどりすとと2分するツールですが、動作が軽い印象があります。

十兵衛はせどり開始時にせどりすとを使っていたので今でもせどりすとを利用していますが、これからせどりを始める方にはこちらを使うのがオススメです。

月商400万円を誇る十兵衛の知り合いは一貫してアマコードを使っています。

iPhone版はこちら。Android版をお持ちの方はこちら

 

バーコードリーダーはリサーチを加速できるツール

せどりで稼いでいくためにはスマホとパソコンさえあればハード面では十分です。

ただ、せどりすとやアマコードはスマホのカメラ機能を利用したリサーチなので、1商品ごとにスマホを商品のバーコードに近づけて読み込む必要があるんです。

スマホカメラの読み込み機能を利用したリサーチだと、どうしても時間がかかってしまいます。そこで、使ってみたいのがバーコードリーダーです。

バーコードリーダーから赤外線を出してJANコードを読み込み、スマホに転送できます。

バーコードリーダーでの読み込みはスマホカメラから読み込むスピードは感覚的に2倍以上の速さになるんです。

 

バーコードリーダーは市販のもので数万円するものが多いので、気軽に購入できるものではありません。

ただ、ある程度仕入れをできるようになった場合は劇的に検索数が増えるのでオススメですよ。

ちなみに、バーコードリーダーでのJANコード読み込みの速さはこんな感じです。

 

ビームせどりは禁止というお店もある

しかし、店舗の中には「ビームのご使用はご遠慮ください」などと明確に使用を禁止しているところもあります。

残念ながら、このような張り紙をしているお店ではバーコードリーダーを使用するのは避けましょう。

 

とはいえ、ほとんどのお店がバーコードリーダーの利用を禁止はしていませんし、本体自体が非常に小さく手の中にスッポリと隠れてしまいます。

なので、傍目には持っていることすら気づかれないのが実情です。

あからさまに赤い光を商品に当てる、なんてことさえしなければ、店員さんから注意を受けることはまずないと言えます。

 

電脳せどりではツールを使っても稼げない!?

ネットで仕入れてネットで売る電脳せどりは、せどり初心者にはオススメできません。

なぜなら仕入れのライバルが日本全国になってしまうからです。

全国の猛者がいる電脳せどりにせどり初心者が参入するのはとてもハードルが高いんです。

 

ただ、電脳せどりは

  • 外出したり荷物を運ぶ必要がない
  • 24時間仕入れが可能なので会社が終わってからも仕入れができる

という利点があるので参入者が後を絶たないというのが実情のようです。

 

もちろん、そう簡単に初心者が電脳せどりで稼げないのですが、そこに目を付けて高価な有料ツールを販売している業者もいるんです。

 

ここでは有料なのに稼げない、というツールをご紹介します。

共通しているのは「仕入れる商品を教えてくれる」という点。

でもちょっと考えればわかることですが、同じツールを使って仕入れる人が増えれば増えるほど利益は出なくなりますよね。

 

さや取りせどらー最終バージョン

買い切り19800円で販売されていたのがこちら(現在は販売停止中です)。

ネットショップとAmazonで価格差がある商品を自動でリサーチできる、というツールですが動作が非常に重いという欠点を持ちます。

価格差があってもなかなか売れない商品を検出したり、ということもあったようです。

 

セドリオン

動作が重いという評判以上に、楽天やヤフーショッピングの各店舗を合わせて40万店舗に対応、という悪評が有名なツール。

買い切り19800円と「買ってもいいかな?」という微妙な価格設定なのですが、セドリオンを販売すると1件につき価格の半額を上回る12500円というアフィリエイト報酬を払うというツールです。

 

情報発信者でセドリオンをオススメする人は間違いなく利用していません。

 

ZENTO

ヤマダ電機など家電量販店のネット通販商品の中からAmazonで利益が出るものを抽出してくれるツール。

動作は比較的軽いが、そもそも利益が出るものが少ないという特徴が・・・・。

しかも、価格はまさかの買い切り498,000円。高っ。

 

十兵衛は実際に使ってみましたよ・・・・・。

キュリアスコープ「ZENTO」は本当にせどりの究極型!?

 

価格改定ツールで売上を上げる

せどりは仕入れるだけではダメで、販売して初めて利益を得ることができます。

なので、販売という面にもツールを使う必要があるんです。

ここでは無料・有料問わず、売上を伸ばすために必須な作業「価格改定」ができるツールをご紹介します。

 

Amazonセラーアプリ

Amazonでセラーアカウントを持っているなら誰でも無料で利用できるツールです。

Amazonセラーセントラルのモバイル版と言ってよいツールです。

パソコンを広げることなく、気軽に価格改定を行うことができる便利なツールです。

 

フィギュアなどJANコードがない商品も検索できる

Amazonセラーアプリで意外に知られていない機能が、カメラ撮影での商品検索機能です。

商品の中にはフィギュアなどのようにJANコード自体が化粧箱に印刷されていない商品もあります。

そういった商品でも検索することができるのはAmazonセラーアプリの強みですね。

【使わないと絶対に損する】Amazonセラーアプリで得する3つの使い方とは!?

 

プライスター

「時間を節約して、同時に売上も増やせるとしたら・・・・?」というせどりをしている人なら誰でも思う夢を叶えてくれるのがこのツールです。

販売中に在庫が少ない時期ではAmazonセラーアプリで1商品ずつ手作業で価格改定をしていけば大丈夫です。

 

しかし、ある程度の在庫数を抱えられるようになった時には自動で価格改定を行ってくれるツールを使うほうがより売上を伸ばすことができます。

せどり玄人でも未だに面倒と感じる出品作業や価格改定の手間をプライスターが効率良くこなしてくれます。

 

月額費用が4,800円なのですが、優秀なアルバイトが手伝ってくれていると思えば安いものです。

月720時間を文句も言わず働いてくれるプライスターなら時給なんと約7円。

十兵衛はこのプライスターを利用しています。自分の在庫が「カートを取れているか」まで教えてくれる優秀なツールです。

 

【マル秘特典付き】プライスターは販売スピードが倍増するから利用料以上のリターンがある

 

マカド

プライスターと人気を2分する価格改定ツールです。

こちらも月額4900円ですが、継続利用での値下げは行っていません。

 

かつては動作が重いということで、プライスターに流れることが多かったようですが現在はこの問題は解消されています。

プライスターにはない「最安値から自動で1円安くできる」というカート獲得に便利な機能が付いているのですが、この機能は値下げ合戦になるケースが多いので注意です。

 

マカドはこちら

 

D-plus

プライスター・マカドの第三勢力として登場したのがD-plusです。

ライトプランが月額3980円、スタンダードプランが5980円という価格設定ですが、プライスターやマカドと変わった機能はなさそうというツールです。

「お客様の声」にブックオフなど企業からの感想を掲載していることからも、個人より法人をターゲットにしていそうなツールです。

D-plusはこちら

【せどりに価格改定は必要?】売上40万円が2ヶ月で90万円まで倍増した話

 

まとめ

せどりで月に5万円程度稼ぐには無料で使えるツールを利用すれば十分達成することができます。

ただ、1日に24時間という制限がある以上、もっと多く稼ぐためには時間を有効に使える必要があります。

そんな時短を可能にする補助的なツールならお金を投資してでも利用する価値があります。

 

一方、電脳せどりで稼げると謳っている「利益が出る商品を教えてくれる系」のツールは要注意です。

そんなツールがあれば開発者は表に出すことを避けるハズですから。

 

アメリカのゴールドラッシュ時代、一番儲かったのは

金脈がどこにあるか教えるビジネス

ではなく

金脈を掘るために必要なツルハシやジーンズを販売した業者

だったということを考えると納得いきますよね。

 

【せどりに優しい】ホームセンターコメリで仕入れるには3つの目印を探そう

ヤマダ電機せどりの必勝法は!?目印・探し方・注意点をすべて解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください