せどりとは?5分で分かるお金を得るまでの仕組み

十兵衛です!

 

「せどり」という言葉は聞いたことあるけど、実際せどりって何なの?本当に稼げるの?とか思っていませんか?

十兵衛もせどりを初めて知った時は「嘘だろ〜」とか「問屋とか使わないといけないんじゃないの?」とか思っていました。

 

でも、雑誌とかブログで「この商品一つで利益5000円!」なんて見せられてしまうと、なんか気になって仕方がありませんでした。

 

結局、いろんなブログや本などで調べまくってせどりを始めた訳なんですが、アレやコレと調べて回らなくてもよいようにこの記事だけで「せどりって何?」を学べる記事を書いてみました。

 

せどりなら始めるのに先行投資はあまり要りません。

スマホとパソコンさえあれば始めることができますし。

これらってあなたも普通に持っていますよね。

ラーメン屋を開店するみたいに何百万円の開業資金が必要、なんてことはありません。

 

誰にでも開始できるせどり。

ぜひ、この記事を読んでせどりでお金を得るまでの仕組みを覚えていただければと思います。

世の中には1000円で買えるのに4000円で売れる!なんて商品が結構あるんですよ。

 

十兵衛
誰でも「初心者」から出発するものじゃ
利光
後発組でも気後れする事はないですぞ

 

せどりでお金を得るまでの仕組みと流れ

「せどり」でお金を得る仕組みは簡単です。

安く買って高く売るそれだけです。

簡単でしょう?(十兵衛は「高く売る」というより「相場で売る」という言い方のほうが好きです)

 

この仕組みはどんな商売でも言えることで、世の中のいろんな商売と全く同じことをするだけです。

 

せどりで販売するのはどこで?

商売を始める時、自分でお店を開いたりするのはメチャクチャ面倒ですが、今はAmazonやメルカリなど販売できる場所に困る事はありません。

 

また、自分で集客をする必要もないのでとってもラクです。

というよりも、Amazonなどはお客さん多すぎです。宣伝もする必要もありませんし。

 

これが「自分でネットショップを立ち上げて〜」などとやっていたら相当大変です。

お客さん集めるだけで何年かかるんだろう・・・・。

 

仕入れの仕組みとは?

売れるところはわかったケド、じゃあどこで仕入れるのか?

その仕入先は我々がいつもお客さんとして利用しているお店です。

 

でも、お店で売られてる商品を仕入れても利益なんて出るの?と思いますよね。

この部分も大丈夫です。

すべての商品ではありませんが、中にはとんでもなく安く売られている商品もあるんです。

普段の生活では気付いていないだけで・・・・。

 

普通に売っているものを仕入れてネットで売る、という形なので転売ということになります。

「転売」という響きはあんまりよくないですが、スーパーや家電量販店だって自社で作って売っている訳ではなありません。

メーカーさんが作ったものを仕入れて売っているだけです。

同じく転売です。

 

世の中のお店が転売しているんですから、引け目を感じる必要はありません。

むしろ安売りなどで処分したい商品を仕入れるので、お店側にとっても喜ばしいことなんです。

 

一般的な小売業は問屋から仕入れるのに保証金などが必要になったりしますが、そんな面倒が必要ないのがせどりです。

 

せどりで利益になるのは売上のどのくらい?

せどりで稼げる金額は基本的に

売上金ー経費(販売手数料や送料)ー仕入れ金=手元に入る利益

というようになります。

 

利益は概ね売上金の2割から3割程度になることが多いようです。

例えば10000円で売れた商品の場合、2000~3000円ほどが利益になります。

 

ものによっては大きな利益が出るものや、ちょっとしか儲からなかった、という商品があります。

が、すべての商品を平均すると、売上の2割〜3割が利益になることが多いんです。

 

十兵衛
けっこう簡単そうなビジネスじゃのう
利光
Amazonの集客力を生かして月商数千万という猛者もいるようです

 

 

せどりで扱える商品はどんなものがあるの?

せどりの語源は江戸時代に流行った「背取り」という説が有力です。

古本屋の背表紙だけで判断して他の古本屋に売る、というのがせどりの始まりだそうです。

現代のせどりもブックオフで売られている100円の古本をネットで売る、というのがスタンダードなものでした。

 

でも、今は古本はもちろん他にもいろんなものが扱えます。

 

せどりで扱えるもの

カメラ、PC、CD、スポーツ用品

文房具、ペット用品、ベビー用品

家具、工具、シューズ、カー&バイク用品など

 

ほとんどのものを販売する事ができます。

食品も可能なので、ポテトチップスでも稼げるんですよ。

どんなものにもお金に変わるチャンスが転がっているんですね。

 

例えば、ゴルフの全英オープンで優勝した渋野選手がプレー中に食べていた駄菓子「タラタラしてんじゃねーよ」で稼いだ人もいました。

Amazonでの価格は一定ではなく、人気がある商品は価格が上がるからなんですね。

 

ただ、Amazonの場合だとジャンルやブランドによっては許可が必要になる場合もあるので注意です。

 

十兵衛
なんでも売る事ができるのか?
利光
不動産や薬品類、また違法なものは売れませぬ。

 

仕入れる前に売れるかどうかが分かる仕組みとは?

せどりをやってみよう!と思った時に真っ先に浮かぶのが「これ本当に売れるのかなあ」という不安です。

売れなかった商品が自分で使えたりするものだったらいいのですが、全く必要のないものだったりすると仕入れ金分の損失になりっちゃいます。

 

でも、この不安は必要ありません。

モノレートというサイトを見ればこの商品がいくらで、どのくらいの頻度で売れるかを仕入れる前に知る事ができるからです。

 

http://mnrate.com/

モノレートを見てみると、こんな感じのグラフが出てきます。

 

売れるか売れないかは一番下のランキングのグラフが波打っているかどうかで判断できます。

商品が売れる→売れ行きランキングが上がる→グラフが波を打つということで波をたくさん打っている商品はたくさん売れているということがわかります。

 

モノレートさえ使えば「この商品、本当に売れるのかなあ」という心配は無用です。

売れるとわかって仕入れるほどチートな商売はありませんよね。

商品を仕入れる前に売れるかどうかを知る事ができるのですから、せどりはリスクがほとんど無い商売なんです。

十兵衛
モノレートは違法なサイトではないんじゃな?
利光
左様。誰でも見る事ができますし、無料で使えるサイトでござる。

 

5分で分かるせどりの仕組み まとめ

今回はせどりでお金を稼げる仕組みを解説してみました。

ここまでの話から少しでもせどりの仕組みを理解できたでしょうか?

普段行くお店で売っているものを仕入れて、Amazonなどで売る訳ですから誰にでもできそうですよね。

 

しかもせどりは売れるのが事前に分かっているというチートなビジネスなんです。

 

せどりがビジネスとして稼げるのは

・安く買って高く売るだけ

・自分で集客する必要がないAmazonなどを利用できる

・仕入れる前に売れるかどうか分かる

という仕組みなのでせどりは「誰にでもできるカンタンなビジネス」と言えるんです。

 

ただ、一般的にせどりや転売には暗いイメージが付いています。

それはコンサートチケットや人気のゲーム機などを買い占めによって、値段を釣り上げる人もいるからです。

買い占めによって本来定価で買えた人が、定価以上のお金を払うことになるのはおかしいですよね。

 

しかし、このような後ろめたい事をしなくても稼ぐ事は十分可能です。

朝早くから店舗に並んだり、PCや電話に張り付く必要もありません。

空き時間を使うだけで稼ぐ事は十分できます。

 

せどりが事前に「答え」を知って商売できるチートな副業の理由とは?→

【これさえマスターすれば稼げる!】世界一易しいモノレートの使い方と応用法

 

1日を仕入れに使ったらどんな感じになるの?→

【金沢でのせどり実践記】中古仕入れで6万円稼げて美味しいお寿司にありつけた1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください