井上悠「Zero Oneプロジェクト」(ゼロワンプロジェクト)で完全丸投げは高くつきそう?

http://zero-one-pj.com/zero1pj.html

 

明智十兵衛です!

 

今回は

「最短2ヶ月で月100万円の継続収入を確約」

と謳っている

井上悠「Zero Oneプロジェクト」(ゼロワンプロジェクト)

を検討していきます。

 

”確約”なんて強いお言葉を使っちゃっていますが

大丈夫なんでしょうか?

また、こちらについてのセミナーが

全国で行われるそうなので

要チェックです。

 

十兵衛

セミナー受講料はタダなんじゃと?

利光

いやいや、ショバ代や新幹線代もかかるでしょうし

セミナー終了後に何が待ってるかは既定路線でしょうなあ

 

井上悠氏とは一体どんな人物?評判は?

 

井上悠氏はバセドウ氏病を患ったことで

全てを失ったのをインターネットビジネスで

復活した人物だそうです。

ブログはこちら

 

彼のブログを読むと、

せどりからスタートしたようですね。

 

ちょっと利益率が低いですが、

ちゃんとしたせどりを行っていたようですね。

 

ただ、2015年5月のこの記事以降

ブログは更新されていないのですが

一体どうしたのでしょうか?

 

このブログ内にはPPCアフィリエイトへの挑戦記も

書かれていました。

どうもせどりより

アフィリエイトのほうを先に始めたようですね。

こちらはかなりの収益が出ている様子。

しかし、こちらも同時期以降更新なし。

やはり、なにかあったのでしょうか・・・・?

 

十兵衛
PPCアフィリエイトで結構な利益が出てるのう

 

利光

ブログ更新をやめたのは面倒になったのか、それとも・・・・。

Zero OneプロジェクトはOEM(自社ブランド製造)で稼ぐとの事

 

ブルーオーシャン!!

という響きは皆を引きつけます。

Zero oneプロジェクトでも

 

この文言をバンバン、アピールしています。

その正体はOEM(自社プランド製造)です。

 

そもそも「OEM」って何?

 

OEMを簡単に説明すると、

日本で売れている商品と同じようなものを

中国などで安く作って日本で売る

というものです。

 

海外で作ったものを

自分だけのブランド名で売ります。

この場合だと他の出品者が

同じ商品を相乗り販売できないので

ライバル不在の「ブルーオーシャン!」と言われる訳です。

 

ちなみに十兵衛はOEM経験者です・・・・。

詳しくは下記の記事をご参考にしてみてください。

実録!中国OEMは難しい?おすすめできるものか検証してみました

 

Zero Oneプロジェクトで実際に売っている商品を調べたら

 

じゃあ、実際儲かっているのかな?と

疑問に思ったので、

掲載されていたアイコスカバーを調べてみました。

 

この商品をAmazonで検索してみたところ

現在も販売中でした。

 

現在は1580円に値下がりしちゃったみたいですね。

で、モノレートを使って

過去の売れ行きを調べてみたところ

http://mnrate.com/item/aid/B06Y6QVFYX

2980円あたりで結構売れていたようですね。

全く売れていないものを

売れている!

というアピールはしていないようです。

 

この商品だと仕入れ資金はいくら必要になるのか?

 

このアイコスカバーの仕入れ単価は

とのこと。

諸経費というのがどこまで含まれるかが

疑問なのですが

仮に、この諸経費の中に

Amazonへの手数料とFBA送料を含んでいる

としてみます。

 

で、Amazonが提供している

FBA料金シミュレーターで調べてみると

この商品を1つ売る毎に664円の手数料を

Amazonに支払うことになります。

(出品手数料298円+FBA手数料366円)

 

ということは仕入れ代金として必要な金額は

1725円−664円=1061円

となります。

 

で、一つ2980円で売れるもので

合計売上2,980,000円をあげるためには

1000個販売する必要がありますよね。

 

つまり、この利益を出すためには

1061円×1000=1,061,000円

の仕入れ資金が必要ということです。

もちろん、Amazonへの手数料などが

この諸経費に含まれていればの話ですが。

 

どちらにしろ、

結構な仕入れ資金が必要になる

というのは覚悟が必要ですね。

 

十兵衛
この諸経費にAmazonへの手数料などが含まれていないとすればどうなる?

 

利光

仕入れ資金が170万円かかる上に、利益は60万ほどになり申す・・・。

 

なかなか教えてくれないOEMの4つの障害

 

OEMはオリジナルブランドなので

当然ライバル出品者はいません。

 

なので、先ほども述べたように

ブルーオーシャンだよ!!

と言われるのですが

ほとんどの方は良い部分だけ見せて

大変な部分を隠す傾向があります。

その代表的な4つの点をあげてみます。

 

実はかつて十兵衛もOEMに挑戦しましたが、

かなり大変でした。

ていうかあんまり儲かりませんでした。

結局、普通にせどりをやったほうが良い

という結論に達した経験から述べてみます。

 

ロットの縛りがきつい!!

 

中国などで安く手に入れられるOEMですが

仕入れる条件に

「最低ロット」

が設定されているのがデフォルトです。

 

普通は100,500,1000という感じで

最低ロット数が設定されているので

10個だけ買ってみて様子見、とかが

できません。

 

1000はあまりにも多いからと

じゃあ、100で注文しようとすると

当然単価が上がっちゃって利益がでなくなります。

 

ちなみに、先ほどのアイコスカバーを

1000個注文したとすると

160サイズのダンボールが

10個以上家に届くことは覚悟せねばなりませんよ。

 

輸送費もバカにならない!!

 

海外生産したものを日本に輸送しなければ

販売はできません。

当然、船便か航空便で日本へ輸送しなければなりません。

 

この輸送費もバカになりません。

一概にいくらかかるかは説明できませんが、

物によっては商品代金より輸送費のほうが高い

ということもありえます。

 

カタログ写真も作らないと・・・・・。

 

Amazonの商品ページには

商品画像以外にも様々な写真が使われています。

先ほどのアイコスカバーだとこんな感じですね。

これ自分で撮影するの大変ですよね?

いくらiPhoneのカメラが高性能でも

なかなかこんな写真は撮れません。

 

もちろん商品写真だけでも可能ですが、

売上のことを考えるとカタログ写真も欲しいですよね。

 

JANコードの申請や商標登録も面倒

 

自分のオリジナル商品でもAmazonで販売するには

JANコードが必要になります。

こんなのですね。

世の中に出回っている商品のほとんどに

このJANコードがついています。

バーコードでピッとやると商品判別ができるからですね。

 

このJANコードは

Amazonで出品する際にも必要になるのですが、

実はこれ、登録に10800円かかります。

ちなみに有効期間は3年です。

 

また、オリジナルブランドにするには

商標登録もしなければなりません。

商標登録はしなくてもよいのですが、

その場合、同じ商品を見つけた人が

相乗りで出品することができます。

 

せっかく苦労してカタログや商品登録しても

見知らぬ人が「あらよっ」と

出品できちゃうんです。

 

この相乗りを避けるには

商標登録をする必要があるのですが

こちらも3万円以上の申請料金がかかります。

また、申請してから1カ月ほどの日数が必要になります。

 

実は十兵衛はOEM経験者なのです・・・・。

こちらに「経験者は語る」内容の記事がありますよ。

実録!中国OEMは難しい?おすすめできるものか検証してみました

十兵衛
OEMはかなり面倒な作業が必要になるんじゃのう

 

利光

Zero Oneプロジェクトではこれらもすべて代行してくれるのでしょうか?

十兵衛

代行してくれるのなら、それ相応の費用も必要になるのかも

 

Zero Oneプロジェクトの応援団が小玉歩ファミリー勢揃い

 

Zero Oneプロジェクトには

推薦メッセージが届いています。

その推薦人たちはこちらの方々。

 

 

 

小玉歩ファミリーの皆様です(笑)

そりゃあ、同じファミリーですから

推薦しますよね。

というか推薦自助組合みたいなものですから。

参考URLはこちら

 

以前、高山俊氏江川 一輝氏の記事も書きましたが

小玉歩ファミリーの印象は

「自分たちがいかに稼ぐか」

を主題にしている感じを受けます。

 

自分の紹介した商品で

購入者を稼がせる、

というイメージが全然湧かないのが

小玉歩ファミリーの印象です。

 

というのも、彼らは口を揃えて

「何もしなくても稼げる!」

とか

「これさえあれば稼げる!」

と次々とこれが最強!と言うのですが

最強の矛が最強の盾を誉め讃えてどうする!?

といつも思ってしまうのですな。

 

十兵衛
一度、どれが最強なのかトーナメントでもせんかな?

 

利光

日本レコードを更新しまくっているようなもんでしょうか

 

井上悠「Zero Oneプロジェクト」のまとめ

 

海外OEMでの物販は

・安く仕入れられる

・ライバルがいない

と期待を持たせる部分について

盛んにアピールしてきますが

その蔭にはかなり大変なハードルが

待ち構えています。

 

特に、

OEMは多大な費用がかかる

という点が隠されガチです。

 

単価が安くなる=大量に仕入れるから

という前提を忘れてはいけません。

 

1000ロットも仕入れて

1カ月で売りさばければ良いですが

基本的にそんなに一気に売れるものは

ありません。

 

いつかは売り切れるかもしれませんが

その間、大量の商品を保管してくれるところは

タダで場所を貸してくれるでしょうか。

 

Zero Oneプロジェクトでは

「完全丸投げ」

と謳っていますが

それを可能とするには

・参加費用が高額になる

・参加費用とは別途に費用がかかる

を考えておかないと危ないかも。

 

どちらにしろ、

大量の商品を仕入れる必要のあるOEMでは

まとまった仕入れ資金が大前提

ということは覚悟したほうがよさそうです。

セミナーに行かれる方は、

最後に販売タイムがあるはずなので

よ〜く考えてみてください。

 

十兵衛

推薦人高山俊氏のツールは、結局自分でアレコレやらないといけなかったそうじゃのう

 

利光

2クリックだけで週休6日月収1000万と言ってたのに・・・・。

 

 

 

十兵衛の密書メール配信中!

「給料以外でも稼ぎたい!」

「もうインチキ情報商材には振り回されたくない!」

と思っているアナタに

コソッと

お送りするのが

十兵衛の密書メールです。

 

密書メールは無料なので

登録したほうがお得ですよ♫

 

十兵衛の密書メール登録はコチラから

 

 

十兵衛

密書は読んだ後に燃やす必要があるが、これは燃やさんでよいぞ

利光
殿、E-mailは燃やせませぬぞ・・・

 

無料相談メール受付中!

もし、あなたがせどりなど

ネットビジネス関連のお悩みがあったり、

 ネットビジネスで人生を変えたい、

と思っているのなら

 こちらから十兵衛に相談してみてくださいね!

 

↓無料メール相談受付中!!

 

一人で悩んでいるより、誰かに聞いてもらえたら何かしら現状打破の

 可能性があるかも。

 きっとあなたのお力になれると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください