國重惇史「ザ・ワールド」ツイッターがザワつく人物を担いで大丈夫!?

追記あり

 

明智十兵衛です!

 

今回は

100億円を3000人に分配する

と謳っている國重惇史「ザ・ワールド」につて検討していきます。

元住友銀行取締役、元楽天副会長という國重惇史氏を担ぎ上げた「ザ・ワールド」ですが、彼を全面に出すことでむしろ損してるんじゃないの!?という企画です。

 

こんな感じでツイッターがザワついているのでぜひご一読下さい。

 

十兵衛
ツイッターがザワつく無料オファーも久しぶりじゃのう
利光
注目を集めるという点では成功かもしれませぬな

 

住友銀行を救った英雄?と呼ばれた國重惇史氏

 

國重氏の有名な著書に、2016年に発売された「住友銀行秘史」という本があります。

1991年に3000億円以上の金が消えた巨大不正経理事件であるイトマン事件の内幕を描いた本です。

國重氏は事件に関わった住友銀行(現・三井住友銀行)の社員だったのですが、彼が警察やマスコミに内部告発したことで、この事件が発覚・解決しました。

ゆえに國重氏は住友銀行を救った英雄と呼ばれたのです。

事件後、國重史は住友銀行の取締役に出世するということで英雄視されたことは事実です。

 

この「住友銀行秘史」は16万部を超えるベストセラーとなりました。

出版時の新聞広告には

暗躍する裏社会の勢力、保身に走る上司。このままでは愛する銀行が潰れてしまう。その時──ひとりの男が立ち上がった

というキャッチコピーもあります。

 

ここまでみてみると

「國重惇史氏っていい人じゃん!」

「悪に立ち向かう姿勢がかっこいい!!」

なんて思いがちです。

 

が、著書「住友銀行秘史」にはこんな部分が記されていました。

簡単に説明すると

住友銀行が平和相互銀行を吸収合併するために、「平和相互銀行が危ない」という噂を流してわざと取り付け騒ぎを起こすように仕向けた 、というものです。

 


弱肉強食の銀行の世界では常識だったのかもしれませんが、國重氏の人間性を垣間見れる部分でした。

 

利光
山崎豊子「華麗なる一族」みたいですな
十兵衛
ワシはあの本を読んで「銀行マンだけにはなりたくない」と思ったもんじゃ

 

裁判を起こされている國重惇史氏

 

ツイッター上ではこんな声も。

どういうことなのか調べてみると國重氏は2件の裁判沙汰を起こしていました。

・1000万円のうち400万円しか返済しなかった件

・不倫ストーカー問題で愛人から訴えられた件

 

詳しくはコチラの記事を読んでいただきたいのですが、この事件で楽天副会長などを辞任せざるをえなくなったことは事実。

 

また


と言ってたのに、その愛人さんはご懐妊されていたとか・・・・。

 

う〜ん。過去の肩書きだけで國重氏に絶対の信頼をもつのは危険なニオイが・・・・・・。

第3話公開 國重氏はお病気でご欠席・・・・。

 

青木氏は第2話の動画で

「次回は國重との対談をお届けします!」

と宣言されていたのですが

 

生放送じゃないんだから、リスケすればいいんじゃ!?

 

というツッコミが各方面から聞こえてきそうw

そもそも第2話の予告動画でも青木氏との記念写真だったので、アヤシイとは思っていましたが・・・・。

 

どうやら今回のザ・ワールドを展開するために「青木氏がお金を使ってお名前と写真をお借りした」というのが濃厚になってきました。

住友銀行取締役や楽天副社長まで上りつめたお方がお金の為に名前や肖像を売り渡す・・・・・。

心中お察しします・・・・・・。

 

 

訳が分からなくなっている2人がお送りするザ・ワールドの内容

 

前半までは「AIにみんなの仕事が奪われる!」とヤンヤヤンヤお話している、青木氏とナビゲーターの望月氏。

やっと、本題の「ザ・ワールド」でお金をもらえる仕組みを説明してくれる、と思いきや、

日本で一番大きな銀行、三菱UFJ銀行の企業資産が300兆円以上あるから金融が儲かりますよ!と納得いきそうで全然納得できない説明。

三菱UFJの資産が大きいのとザ・ワールドがホンモノかはまったくの別問題ですな。

ていうかなぜこの下りを差し込んだのか意味不明でした。

 

個人的に第3話のツボがこの2点。

なんの脈略もなく

 

「取引所」「香港」というキーワードが出てきます。

第2話まで見直しても、そんな言葉出てなかったのに・・・・・。

「えっ!?」と思った方は多いハズ。

もう何がお金を産んでくれるのかさっぱり分からない内容でした。

 

十兵衛
編集でカットされたのかと思ったわ
利光
「あっその前に」になんてセリフ言うのなら撮り直せばいいのに

 

まとめ

 

第1話では動画に國重惇史氏自身は登場していません。

彼の生のお言葉を伺いたいのですが、第2話以降で國重氏は登場するのでしょうか?

 

 

今回のザ・ワールドの共同設立者である青木勝利氏は動画でこう國重氏を評されています。

 

 

「非常にヒューマン」

「非常に熱い男」

という答えが裁判などを知った上で聞くと妙にしっくりくるのは自分だけでしょうか?

 

そもそもこの青木勝利氏自体が

1年目で3億円3年目で100億円の売り上げを達成したにもかかわらず、ネットで探しても出てくるのが同姓同名のボクサーだけ、というのがなんとも言えず・・・・・。

 

兎にも角にも、権謀術数の銀行業界を渡り歩いてきた國重惇史氏に

1000億円を3000人に配る

と宣言されても「ウラになにかあるんじゃないか?」と思わざるを得ないというのが、今回の國重惇史「ザ・ワールド」の感想でした。

 

ツイッターがザワつくほどの著名人を使うことで注目は集めるでしょうが、信頼性を得るという点では

人選を間違えた

のではないでしょうか。

 

十兵衛

自称元ゴールドマンサックスという人物がいたが、今回経歴はホンモノじゃな

 

利光

肩書きだけを見て信用するのは危険でござる

 

1円もかからないのに毎月1万円ですって!!

 

「ザ・ワールド」は

分配金を1円もかけずに受け取る事ができる!

 

と第4話の予告にいれているのにも関わらず、第3話の中で

 

 

月額1万円かかるって・・・・・・ort

 

動画編集中に誰か気づいて!!!!!!

 

 

十兵衛

今回のローンチは國重惇史氏の名前さえ使えれば「後は野となれ山となれ」みたいなもんじゃったな

 

利光

出オチみたいなものでしたな

 

 

 

十兵衛の密書メール配信中!

「給料以外でも稼ぎたい!」

「もうインチキ情報商材には振り回されたくない!」

と思っているアナタに

コソッと

お送りするのが

十兵衛の密書メールです。

 

密書メールは無料なので

登録したほうがお得ですよ♫

 

十兵衛の密書メール登録はコチラから

 

 

十兵衛

密書は読んだ後に燃やす必要があるが、これは燃やさんでよいぞ

利光
殿、E-mailは燃やせませぬぞ・・・

 

無料メール相談受付中!!

数年前に比べて情報商材の完成度は高まってきていますが、それでも詐欺と言っても差し支えない商材もまだまだ存在します。

詐欺商材と言えるものをたくさん掴み、その度に泣き寝入りされた方も多いと思います。

実は十兵衛もその一人です。

 

本当に良いのは「詐欺商材が撲滅される」ということなのですが、なかなかそうは簡単にはいきません。

ならば我々が取る方法は一つです。それは

詐欺商材を掴まない、ということです。

 

芸人だって弟子入りからスタートする訳ではなく、学校で学ぶ時代になりました。

学校から生まれた芸人が弟子入りした芸人より劣っていることはありません。

最近では寿司職人も学校で学ぶことも多くなりました。

なので、「人から教わる」ということは正しい方法だと十兵衛は考えます。

 

そこで十兵衛は優良と言える教材をご相談してくれた方だけにご紹介させていただきますので、下記のテンプレートアンケートを埋めてご連絡ください。

 

・気になる商材

・気になるネットビジネス

・過去の失敗した商材や購入した商材

・1日の作業時間

・ご希望の平均月収

・教材購入のご予算

もう、あなたには稼げない商材など掴ませないということをお約束させていただきます。

 ↓無料メール相談受付はこちらから!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください