泉忠司「The Mining(ザ・マイニング)」のスケールダウン感が否めない件

 

明智十兵衛です!

 

2019年一発目の泉忠司大先生の案件です。

2018年のビリネアキャッスルが

泉忠司最後のプロジェクト

というふれ込みだったのに、舌の乾かぬうちになんとやら。

 

というわけで今回は

泉忠司「The Mining(ザ・マイニング)」

について検討していきます。

 

十兵衛

ビリオネアキャッスルの案件だからセーフってことじゃな?

利光

10年後もビリオネアキャッスルが続いていたりして

 

泉忠司氏のビリオネアキャッスルとは?

 

2018年に始まったビリオネアキャッスルとは

俺の投資をマネすればあなたも大金持ち!!

というプロジェクトでした。

 

で、今回「マネをせいっ!!」というのが仮想通貨(暗号資産)のマイニングなんですね。

ビットコインも40万円を切って注目度も皆無に近い状況なのにも関わらず、FXなど他の儲け話には一切浮気せずに仮想通貨で押していくとは。

さすが、キングオブコインの泉先生です。

 

十兵衛
「このICOは絶対上がる!!」というのではさすがに人が集まらんのかのう

 

利光

アービトラージ、マイニングときたら次はどうしますかのう

 

ザ・マイニングとはどういうもの?

 

今回のザ・マイニングの動画はわずか3分ちょっとなので、今までのローンチのように視聴者の脳みそに刷り込ませるような作りにはなっていません。

ビリオネアキャッスルの動画は空撮あり、城貸切とすごかったのになあ・・・・。

 

で、ザ。マイニングがどういう稼ぎ方かというと、仮想通貨のマイニングマシン購入に投資するとのこと。

そうすれば60日間で1.5倍になって返ってくるというものらしいです。

 

ザ・マイニングがどういうモノかを知るには、購入画面の利用規約しか調べられるものがない(しかも英語)のですが

どうもそのマイニングマシーンが1.5倍に増やしてくれるそう。

 

グーグルで翻訳してみるとこんな感じ。

2.サービスの利用規約
a)WCCIは、お客様が購入した各マイニングリグから1.5 BTCをお客様に提供することに同意します。
b)WCCIは、お客様が購入した各マイニングリグの1.5(1.5)BTCが、WTCIに配信されてから60日以内にお客様に配信されることに同意します。 WCCIは、お客様が購入した各マイニングリグに対して、1.5(1.5)BTCの100%を保証することに同意します。約定済み1契約当たりに納入されると予想される総ビットコインは、6千(6000)の採掘リグに対して9千(9,000)BTCです。
c)WCCIは、購入したMining Rigsを表示するクライアントのクライアントアカウント元帳を維持することに同意します。 WCCIは、お客様が購入したマイニングリグの収益を監視できるように、この情報をオンラインのWCCIアカウント元帳に提供します。クライアント用にWCCIが提供するオンラインアカウント元帳では、クライアントは、クライアントのアカウントのBTCであるクライアントの指定BTCウォレットへの配達のために撤回することもできます。クライアントは、そのようなBTC配信要求を通常のコースで処理することを許可することに同意しますが、クライアント配信要求を受信して​​から48時間を超えない期間内にはします。
d)WCCIは、電力およびMining Rigハードウェアの保守に関連するすべての費用を含む、Mining Rigの操作に関連する実際の製造および物理的な諸経費の100%を支払うことに同意します。
e)WCCI 100%は、ビットコインが適時に配達され、契約締結から合意された60日以内に配達されることを保証します。

 

1BTCで購入したら1.5BTC払うことを100%保証します、って書いてあるけど本当なんでしょうかね?

もし払われなかった場合どこに連絡すればいいのかな?

特定商取引法に基づく表示もないし。

唯一確認できているのがメールサポートだけだし・・・・・。

不安・・・・。

 

マイニングの現状は?

 

仮想通貨のマイニングとは、仮想通貨の取引記録をコンピュータで処理することで得られる報酬です。

このマイニングを行うと仮想通貨がいただけるのですが、問題はその電力使用量。

こんな感じで大量のコンピュータを常時動かすものだから、電力消費量がハンパじゃない!!

 

しかし、膨大な設備投資やハンパじゃない電力を使っても利益が出たのは仮想通貨フィーバーの頃の話。

膨大な費用をかけても、仮想通貨の価格が高かったからこそ賄えたというのが実情です。

現在のビットコインなどの価格ではマイニングをやればやるほど損しちゃいます。

電力が安いから、とバカバカできた中国のマイニング工場では悲鳴が続出したとか・・・・・。

 

先日、DMM.comもマイニング事業から撤退したし・・・・・・。

 

十兵衛

個人でもマイニングしようとPCのグラフィックボード価格が高騰したな

利光
今では相場の価格に戻っているでござる
十兵衛
マイニングは「割が合わない」ということじゃな

 

なぜ我々がザ・マイニングに参加できる!?

 

泉氏は「僕だけにできる特別なルートから」ということでザ・マイニングを私たちに紹介してくれるとの事。

(なんかこのフレース何度も聞いた事があるなあ・・・・・)

 

相変わらずの優雅な?手振りは催眠効果でもあるんですかね?

 

ザ・マイニングを仕切っているお二人は、お知り合いである泉氏だけではなく、なにゆえ面識もない我々にこの案件に参加させてくれるんでしょうかね?

確実に1.5倍にできるんなら金融機関からお金借りて自分らだけでやればいいのに・・・・・。

だって「確実」なんですから銀行だって街金だって絶対貸してくれますよ?

 

泉忠司氏といえば「仮想通貨バンク」その現実は!?

 

泉氏案件といえば触れないワケにはいかないのが、2018年1月から始まった

仮想通貨バンク

です。

 

「毎月平均30%の複利で増え続ける」と謳っていた仮想通貨バンクなのですが、その現状がコチラ。

 

1口1480ドルでスタートしたのですが1年経った結果、507ドル・・・・・。

絶賛大損中です。

毎月平均30%の複利で運用してたら、今頃35000ドルくらいになっているのにおかしいなあ・・・・。

 

今回のザ・マイニングの紹介ページに

こんな記述があるのですが、やっぱり仮想通貨バンクは

確実な案件

じゃなかったのですねえ。

あんなに「これ以上の話はないですよ!」とおっしゃっていたのに・・・・。

 

まとめ

 

今回のザ・マイニングでびっくりしたのが

稼ぐ量のグレードダウン化

でした。

 

60日間で1.5倍に増やすというザ・マイニングですが、仮想通貨バンクは1ヶ月で1.3倍です。

60日の2ヶ月だったら1.3×1.3で1.69倍ですよ。

しかも、2年間毎月30%増える仮想通貨バンクに比べて、たった1回のみというお話。

もうちょっと景気の良い話にできなかったのかなあ。

やっぱりあんまりこういう儲け話は食いつきが悪くなっているんでしょうかね?

 

泉忠司氏といえば

「一生お金がねじ込まれてくる!」

「東京オリンピックを特等席で観戦!」

とかもっと大きなスケールが魅力だったのですが・・・・・・。

こじんまりした感じがちょっと残念。

 

っていうか、やっぱり以前のプロジェクトに対するアナウンスをしてほしいというのが感想です。

販売して終わり。というのは何度もプロジェクトを発表する泉氏にとって不利以外の何者でもないなと思うのですが。

今回のザ・マイニングも発売後のアナウンスはないのでしょうかね?

 

十兵衛
アナウンスなしに10000ペリカ。
利光
拙者は20000ペリカ賭けるでござる。

 

「預けるだけで大儲け!」

「ボタンを押すだけで大金持ち!」

というのは信じちゃいけないと思うんですよ。

稼ぐどころか結局お金を失くす、っていうのがオチです。

 

やはり稼ぐためにはそれ相応の努力が必要になりますよね。

では何を努力すれば?となると十兵衛がオススメするのはせどりアフィリエイトです。

 

・早く稼げるようになるせどり

・時間はかかるが大きく稼げるアフィリエイト

 

ちょっと考えてみませんか?

仮面ブロガーズがリニューアル!「ブログ落ちこぼれ」でも安心なサポートの鬼?

 

 

 

十兵衛の密書メール配信中!

 

「給料以外でも稼ぎたい!」

「もうインチキ情報商材には振り回されたくない!」

と思っているアナタに

コソッと

お送りするのが

十兵衛の密書メールです。

 

密書メールは無料なので

登録したほうがお得ですよ♫

 

十兵衛の密書メール登録はコチラから

 

 

十兵衛

密書は読んだ後に燃やす必要があるが、これは燃やさんでよいぞ

利光
殿、E-mailは燃やせませぬぞ・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください