【今さら感アリ】岩崎秀秋「ISL」情報発信はスゴイけど自分の実績を否定するようで・・。

http://shr-pl.com/isl/movie/beginning/

【追記あり】

 

明智十兵衛です!

 

今回は

「何もしなくても稼げるサービス」

と謳っている

岩崎秀秋「 IDEAL START LOCATION」

略してISLについて検討していきます。

 

岩崎秀秋氏といえば、せどりツールを販売しているかなり有名な方です。

そのお方が「なにもしなくても」というキーワードを使ってくるとは・・・・・。

なんかちょっと”しょっぱい”感じを受けたのは十兵衛だけでしょうか・・・・・?

 

十兵衛
「なにもせずに」というキーワードは今はもう逆効果ではないのか?
利光
う〜ん。腕組みポーズもこれまでの無料オファーの焼き直しみたいでござるな・・・・。

 

岩崎秀秋氏が今回の「ISL」以前に販売していたせどりツールとは?

 

岩崎氏は現在もせどりツールを販売している方です。

http://curiouscoop.jp/?page_id=210

こちらのサイトでも絶賛販売中のようですね。

 

ところが販売されているハズの4商品の中で

RTL(Road To Liberty)

 

アルティメットせどり

の2商品は販売していませんでした。

一体どうしたんでしょうかね・・・・・?

 

思ひ出の「せどりツール広場」

 

これらの他にも岩崎氏は様々なせどりツールを販売されておりました。

例えばこの記事でも書いた「せどりツール広場」とか。

キュリアスコープ「せどりツール広場」はただの原っぱだった!?

 

この「せどりツール広場」を簡単に説明すると、せどりで直接的に儲けに繋がるツールやせどりの作業を効率化するような補助的なツールを10個詰め込んだものです。

(実は以前販売していた個別ツールをだ・き・あ・わ・◯的な感じで販売していたものでした)

 

このせどりツール広場の中で十兵衛が一番惹きつけられたツールが

YAMADA ZENTO

というツール。

ヤマダウェブコムというヤマダ電機のオンラインショップから、利益がでるものを自動抽出してくれるというありがたいツールでした。

 

しかし、実際に使用して検証してみたところ

・利益が出るものがAmazonでは3個価格だった

・利益は出るけど1年に数個しか売れないものだった

・このツールを利用する人が増えれば増えるほど商品の取り合いになる

というお粗末な結果だったことは今でも忘れられません・・・・・。

 

利光
全国に一つだけのヤマダのウェブショップにみんな集まったらそりゃもう先は見えますな
十兵衛
儲かったのはツールを売った者だけ、というワケか・・・・。
利光
ゴールドラッシュ時のツルハシやジーンズを売った者だけが儲かったみたいな感じですな

 

岩崎氏の「ISL」は情報発信で稼ぐ!?

 

そんな岩崎秀秋氏が今回我々を稼がせてくれるという「ISL」の正体は

情報発信

とのこと。

 

商品ページが削除されていたRTLも同じく情報発信の商品(塾)ですが、今回の「ISL」が本当に

なにもせずに稼げる

ものであったらRTLに30万円を支払っちゃった方は泣くに泣けませんね・・・・・。

RTL参加者が一揆を起こさねばいいですが。

 

ていうか

「RTLで稼げなかった人が多かった」と自白するのは十分な一揆の理由になりますな・・・・。

 

十兵衛
30万円とは大金じゃな
利光
何もしないで済む「ISL」が30万円以下なら一揆間違いなし(笑)

 

情報発信なのに「ISL」では何もしなくて良い理由は?

 

情報発信で稼ぐということはアフィリエイトで稼ぐということになります。

ブログなりSNSなりで様々な情報を発信することで、お客さんを集めてお金を得るという稼ぎ方。

しかし、この情報発信の難しさが岩崎氏も述べているように作業量の多さです。

記事更新やブログ開設、メーリングリスト集めというものがあります。

 

これらの難しく面倒くさい作業を全て岩崎氏のほうでやってくれるというのが今回の「ISL」なのですが

 

その稼げるノウハウで自分のブログをたくさん作ったり複数のSNSアカウント作ったほうが儲かるんじゃないの!?岩崎さん!!

というのが誰しもが思う疑問。

果たしてこの矛盾に納得できる答えを用意しているのでしょうか?

 

「情報発信をする内容を僕が書いて」・・・・・・・?

 

岩崎氏がやってくれることの中で一番気になったのが

「情報発信する内容を僕が書いて」

という部分。

 

これは2つの可能性が考えられます。

①岩崎氏が書いた内容をISL参加者がみな同じ内容で発信する

②岩崎氏が用意した複数のライターに参加者ごとに違う内容を書いてもらう

 

でも、①の場合だとみんな同じ内容の情報発信は意味のないことですし、②の場合でもライターさんが素晴らしい内容の記事を書けるなら自分でやったほうがマシ、って考えるのでは?

もしかして参加者全員分の内容を全て岩崎氏が書いてくれるのかもしれませんが、その場合でも

その稼げるノウハウで自分のブログをたくさん作ったり複数のSNSアカウント作ったほうが儲かるんじゃないの!?岩崎さん!!

とツッコミを入れて差し上げたくなります・・・・・。

 

特定商取引法に基づく表示

 

利光
岩崎氏は相変わらず住所は公表しても電話番号は公表しないんですね・・・。
十兵衛
札幌で一揆が起きねばよいが・・・・!?

 

情報発信を使えば国会議員にもなれる!?

 

とはいえ、今回岩崎氏が「ISL」でテーマにあげた情報発信を否定する気はありません。

むしろ、情報発信はスゴイものだと十兵衛は考えます。

 

というのはテレビCMに多額にお金が動くように、「人を集められる」ということがいかに価値を持っているかが情報発信について考える上で大事なことなんです。

facebookやTwitterがまだ事業的には赤字なのに、多額の出資を受けたり株価が上がったりした理由は

多くの人を集められるツール

だったからです。

それを個人で、またパソコン一つでできる情報発信のヤバさに注目している岩崎氏に先見の明があるのは間違いなさそうです。

 

青山繁晴氏「これからの国会議員になる方法」に目から鱗

 

実は情報発信がお金を産むだけのものではないんです。

ある公開討論番組での自民党の国会議員、青山繁晴氏の

「インターネットがあれば誰でもお金をかけずに国会議員になれる」

というお話がすごく目から鱗だったので皆さんにシェアしたいと思います。

 

この討論番組で質問をした観覧席の19歳の青年がものすごく国防意識のある人物でした。

その青年に対し深く感銘を受けた青山氏が

「キミみたいな人に国会議員になってもらいたい!」

とお金をかけない国会議員になる方法をお話ししたのです。

 

話の内容をかいつまんで説明すると

これから6年間、市ヶ谷の防衛省や横須賀の基地などを見て回り、自分の思ったこと感じたことをブログで書き続けなさい

6年もブログを続けていけば読者数も20万人くらいになってくるし、キミを支持する人も10万人はくだらないようになる

衆議院議員の被選挙権を得られる25歳になった時、キミを支持してくれる人が10万人もいれば選挙区では難しいけれども、全国で政党名を投票する比例代表で当選できる

一人で10万票を持ってこられる立候補者を各政党はほっておかないだろう

 

100%可能という訳ではないですが、インターネットでの情報発信がこれだけの可能性を持っているということがお判りいただけたと思います。

なんか夢がありませんか!?情報発信って。

東大から官僚になったり政治家の秘書になったりしなくても国会議員への道は開けるんですよ。

しかも、多額の選挙資金も使わずに・・・・。

 

ただ、ここで大事なポイントがあるんです。

それは

 

 

情報発信は

オリジナルなコンテンツである

必要があることです。

青山氏も言っているように「自分の目で見て自分が思った感じたこと」を発信する必要があるんですね。

 

果たして、岩崎氏が「ISL」参加者それぞれにオリジナルな内容を提供できるのでしょうか!?

 

十兵衛
上様ならインターネットをどう使うかのう?
利光
とんでもない方法を思いつきそうでござるな、あのお方なら。

 

追記:ISLの販売価格は198000円

 

ISLの価格は198000円と発表されました。

アフィリエイトを教えてくれて自分で作業しないといけないRTLが30万円だったのに、何もしなくて稼げるISLがそれ以下の価格で販売されるというのはどうにも納得いかないような・・・・・・・。

30万円支払ってRTLに参加した方達はもっと納得しないのでは?

 

先着100名のみが参加できるのですが、ISLのランディングページには気になる記述が2つ。

 

①ブログを作るのにこんなに高い費用は必要ない

 

ISLに参加すると初心者には壁に感じるブログ作成を岩崎氏の方でやってくれるとのことですが

文章作成は内容にもよるのでしょうが、サーバー契約に20万円以上かかる外注さんって

ボッタクリ過ぎて仕事ないでしょ?

的な感じ。

 

サーバー契約なんてのはネットで探せばいくらでもやり方は載っているので、ココにこんなに高額な費用がかかるなんていう表現はどうかなあ?と思います。

 

② 何もしなくてよいハズなのに「やる気」を求めている

 

ISLに参加しちゃえば自動的に収益をあげられるのに

なぜか「やる気」を求められてしまいます。

 

何にもしなくてもよいハズなのに・・・・・?

これはどういう意味なのでしょうか?

 

考えられるのはISL参加後に

「もっと稼げますよ!!」

というバックエンド商品が待ち受けている可能性があるということです。

198000円だけでは済まされない、ということなのでしょうかね?

 

 

利光
RTLより「何もしない」ISLのほうが安いのですか・・・・・。
十兵衛
一揆不可避?

 

まとめ

 

岩崎秀秋氏が過去に販売していたツールには正直?という点が多かったのは事実です。

しかし、例えば先ほど述べたYAMADA ZENTOなどのツールは稼げるか稼げないかは別として、Amazonやヤマダウェブコムからデータを抽出したりする機能は間違いなく搭載されていました。

これらのツールを作るだけでも結構な時間と費用が必要だったハズです。

 

そんな苦労までしてツールを開発していた岩崎氏が

「なにもしなくても稼げる!」

と謳っている今回の「ISL」。

 

「今まで販売してたのは一体なんだったのか・・・・・?」

と思わせつつ、年間売り上げ20億円という過去の実績を否定するかのような企画に思えてなりません。

確かに情報発信はヤバいですけどね。

 

また追記していきます!

 

⭐️今回のようなものを「無料オファー」と呼びます。

無料オファーのせいで?

ネットビジネス=あやしい・胡散臭い

などという印象になりがちなんですよね・・・・・・・。

【裏事情】いつの間にか送られてくる錬金術「無料オファー」とは一体なんぞ!?

こちらもご参考になれば。

 

 

 

十兵衛の密書メール配信中!

「給料以外でも稼ぎたい!」

「もうインチキ情報商材には振り回されたくない!」

と思っているアナタに

コソッと

お送りするのが十兵衛の密書メールです。

 

密書メールは無料なので登録したほうがお得ですよ♫

 

十兵衛の密書メール登録はコチラから

 

十兵衛

密書は読んだ後に燃やす必要があるが、これは燃やさんでよいぞ

利光
殿、E-mailは燃やせませぬぞ・・・

 

無料相談メール受付中!

数年前に比べて情報商材の完成度は高まってきていますが、それでも詐欺と言っても差し支えない商材もまだまだ存在します。

詐欺商材と言えるものをたくさん掴み、その度に泣き寝入りされた方も多いと思います。

実は十兵衛もその一人です。

 

本当に良いのは「詐欺商材が撲滅される」ということなのですが、なかなかそうは簡単にはいきません。

ならば我々が取る方法は一つです。それは

詐欺商材を掴まない、ということです。

 

芸人だって弟子入りからスタートする訳ではなく、学校で学ぶ時代になりました。

学校から生まれた芸人が弟子入りした芸人より劣っていることはありません。

最近では寿司職人も学校で学ぶことも多くなりました。

なので、「人から教わる」ということは正しい方法だと十兵衛は考えます。

 

そこで十兵衛は優良と言える教材をご相談してくれた方だけにご紹介させていただきますので、下記のテンプレートアンケートを埋めてご連絡ください。

 

・気になる商材

・気になるネットビジネス

・過去の失敗した商材や購入した商材

・1日の作業時間

・ご希望の平均月収

・教材購入のご予算

もう、あなたには稼げない商材など掴ませないということをお約束させていただきます。

 ↓無料メール相談受付はこちらから!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください