せどりが儲からないなんて嘘 チコちゃんも嬉しい副作用

明智十兵衛です!

 

今回はせどりを続けることによって、

嬉しい副作用

があるという話を書いてみます。

 

先日、NHK「チコちゃんに叱られる」を見ていたら

大人になるとあっという間に1年が過ぎるのはなぜ?

というテーマを扱っていました。

 

あなたも一度は考えたことがあると思います。

このテーマになると出てくるのが、

 

10歳の子の一年は1/10年。

50歳の人の一年は1/50年。

0.1年の方が0.02年のほうが大きいから〜

という意見ですね。

 

なんか納得したようなしないような感じです。

 

で、「チコちゃん〜」の番組ではこういう理由で

説明していました。

 

 

人生にトキメキがなくなったから

 

だそうです。

 

初めてのものを見る子供は、

ささいな事にたいしても

発見や驚き、疑問などのトキメキが

生まれます。

 

一方、大人はほとんどの事を経験しているので、

この先はこうなる〜などという予想が出来てしまい

トキメキが生まれません。

 

これが同じ時間でも

長く感じるか

短く感じるか

という差を作るそうです。

 

確かに大人になると、

大抵のことを予測できてしまいます。

 

テレビで美味しそうな食べ物が出てきても

なんとなくこんな味だろうな〜

みたいに思ってしまいます。

 

経験は非常にありがたいものであると同時に

なにか残念なものに感じてしまいます。

 

ところが、大人になっても

トキメキをずっと感じられる事があります。

それが「せどり」です。

 

せどりは同じ商品を繰り返し販売するものではありません。

もちろん普通のお店でも毎回毎回

同じ商品を売り続けるわけではありませんが、

せどりには「仕入れでトキメキ」を感じられます。

 

こんな商品がこんな価格で売れているのか!

こんなに利益が出るのか!

こんなに頻繁に売れている!

 

などなど、せどりを長く続けている人でも

常に新しい発見や出会いがあります。

 

例えば十兵衛もよくあるのですが、

次々にFBAに納品するので、

納品した事も忘れていた商品があります。

 

で、その商品が売れた時

「こんなのもあったな〜」と思うわけですが、

結構最近仕入れたものだったりします。

 

 

年をとると、

去年のことが最近のように感じる

となりがちですが、

最近仕入れたものがずいぶん昔に仕入れたと感じる

という逆転現象がおきます。

 

きっとこれは仕入れの時に、

ときめいているからなのでしょうね。

 

ちなみに十兵衛の思い出のトキメキは

https://mnrate.com/item/aid/B0001KA8CY

このアルコールチェッカーです。

 

 

セカンドストリートで新品が900円(税別)で売っていました。

どうも、倒産商店からの払い下げだったようですが

思わずガッツポーズをした事を憶えています。

 

毎回というわけにはいきませんが、

続けていれば1度や2度ではないのがせどりです。

 

お金儲けだけではなく、

こんな副作用(この呼び方は正しくないですね)も

あるのがせどりです。

 

もしあなたに月にあと5万円、自由に使えるお金が増えたなら

何に使いますか?

外食を増やす、貯金のペースを上げる、趣味の道具をワンランクアップする

などいろんなことが想像できますよね。

こんなことを考えたことのある人は1人や2人ではないと思います。

だからみんないろんな儲け話を考えます。

本業とは別にバイトをする。

株やFXなどを勉強する。

運を信じて宝くじやギャンブルに希を託す。

などがあります。

しかし、これらには「不確実性」や「時間や体力と引き換える」

ということになります。

ただ、「せどり」というものはそれらを避けつつ儲けることができるんです。

やることはただ一つ。

「安く買って高く売る」ということだけです。

みんながいつもやる「買い物」がお金を生んでくれます。

1000円で買った商品が、1000円のお友達を連れて帰ってきてくれるんです。

そんな「せどり」に興味を持った方、本当なの?と思った方

どんなものかちょっと知りたくありませんか?

こちらからご覧いただけますよ。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください